大学卒業式で二日酔いしたことがあります。

私はお酒が弱いにもかかわらず、お酒を飲まされる環境に縁があります。

大学時代に運動部に所属していた関係もあって、定期的に行われる飲み会ではコールの嵐。

お酒は飲むことはできるものの、強くない私はいつもつぶれてお店の外で寝転がって、2次会のお店に行ってもつぶれっぱなしで終わっていました。

しかし、それまで2日酔いになったことはなかったのですが、大学の卒業式でとうとう二日酔いになってしまいました。

大学の卒業式当日、学部の同期、後輩、部活の後輩…と友人や知人から、卒業ということもあって、お昼間から散々飲まされた私は、みんなと別れたあと車で送ってもらう予定の友達を呼ぶ前に、気づいたらふらっと入ったスーパーのベンチで爆睡してました。

1時間ほどで頭がぼーっとしながらも、なんとか意識をとりもどし、友達が来てくれてなんとか車へ。

いつもは、ある程度睡眠をとると、落ち着くのですが、この日はそうはいかずずっと胃が気持ち悪くて、頭はガンガンし続けていました。

友達の車で吐くわけにはいかないので、なんとか20分ほど我慢して部屋まで送ってもらい、速攻でトイレへ。

出すものを出したらそのまま布団に入って翌日を迎えました。

そして、起きてみるとどうも頭がガンガンしている。

ずっと頭の内側から誰かに叩かれているような感覚で、胃袋もムカムカして、まったく食事をとるつもりになりませんでした。

まっすぐ立つのも苦しかったので、その日は自宅で療養をすることにし、お昼ごはんは食べずに、ウコンの力と、お茶や野菜ジュースなど胃に入るものをとり、夜は味噌汁を食べるのがやっとでした。

お酒を何度も飲んだことはありましたが、こんなのは初めてで、新たためてお酒の怖さも思い知らされました。

その翌日はなんとか復活して体は戻りましたが、それからお酒の量は早めに抑えるようにしています。

そして社会人になった今は、あの苦い二日酔いの経験からお酒を飲む時には二日酔い予防のために必ず二日酔いサプリを飲むようにしています。

その為か、二日酔いになることは二度となくなりました。

今では楽しいお酒を楽しんで、早めに飲む量を抑えるようにしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です